OPTIMUS

JP / EN

最新情報TOPICS

オプティマスの新着情報一覧ページ。各カテゴリーでの表示も可能です。

CATEGORY
2019/07/24
JAXAおよび早稲田大学と航空機用防汚性塗料の共同研究を開始

“光触媒塗料メーカーオプティマスはJAXAおよび早稲田大学と航空機用防汚性塗料の共同研究を開始”

光触媒塗料メーカー株式会社オプティマス(本社:大阪市浪速区、代表取締役:高尾一美)は、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 航空技術部門空力技術研究ユニット(本社:東京都調布市)および学校法人 早稲田大学先進理工学部応用化学科 須賀健雄専任講師(東京都新宿区)と光触媒を用いた航空機用防汚塗料に関する共同研究契約を締結し、実用化に向けた共同研究をスタートさせました。

航空機の翼前縁に虫などの汚れが付着すると、機体表面の摩擦抵抗が増大し、航空機の燃費の悪化を招いてしまうため、汚れを付きにくくする、あるいは少ない水量で簡単に汚れを除去できるような技術が求められています。本共同研究では、既存の航空機用塗料と防汚性機能をもつ光触媒を融合させ、航空機用塗料としてのスペックと防汚性機能を併せ持つ、これまでにない航空機用防汚性塗料、トップコートの研究開発を行います。そして、この航空機用防汚性防汚性塗料、トップコートの実用化による航空機の洗浄にかかる水量の大幅な削減は、2015年9月の国連サミットで採択された持続可能な開発目標SDGs(Sustainable Development Goals)の中の1つである「II.SDGsを原動力とした地方創生、強靱かつ環境に優しい魅力的なまちづくり」に貢献致します。

弊社は、空気清浄やセルフクリーニング効果がある、光触媒機能と遮熱効果をひとつにした、1液型内・外装建築塗料(特許取得済)を製造販売しています。今回開発する航空機用防汚性トップコートは、弊社が開発した塗料に配合されている「スーパーキャプセル」 (真空状のキャプセルに光触媒を担持した独自の技術)を改良致します。

本共同研究成果により、汚染防止性能を実証し、建築塗料で今までラインナップのなかったクリア塗装や、航空機塗料のシェア開拓及び、鉄道、自動車など他分野への展開も進めてまいります。